2012年12月07日

緊急提言! 橋下市長は今すぐ石原慎太郎と決別せよ!!!

[日本維新の会] ブログ村キーワード12月4日の公示日を過ぎ、各党の名簿も出揃った。まもなく総選挙が行われる。

私が以前から提言していた維新の会とみんなの党との合併は、結局実現しなかった。代わりに、最凶老害石原と手を組むという暴挙に出てしまった。
維新の会は、関東以北、特に東京で人気がなかった。そこで、石原人気の高い東京での集票が期待できる、という読みもあっただろうし、みんなの党と組んでも、小選挙区制度の現行制度下では大した議席数UPにならない、と考えたのだろう。

しかし橋下さん。石原なんかとは絶対に組んでほしくなかったという人がどれほど多いか、ということに気づいていましたか?

関西人は元々反東京(反関東ではない)である。石原と組むことのマイナスは、明らかにプラスより大きい。まして、旧立ち上がれ日本(立ち枯れ日本と揶揄されている)のメンバーが糞みたいについてきたから、政策理念の売りがなくなり、もう最悪だ。

維新の会は、今まで現役世代重視・官僚制度打破・公務員改革、こういったところが最大の魅力だったのに、劣化自民党みたいな何の魅力もない政党になってしまった。

やはり、組むならみんなの党とであった。合併しなくても、西日本=維新、東日本=みんな、で選挙協力する形が、どう考えてもベストだった。石原と渡辺。この二人を比較すると、確かに政治家としての器は石原の方が上だろう。渡辺よしみは、はっきり言って総理の器ではない。しかし、だからといって、どうして石原となんか組んでしまったのか。ほとんどの維新支持者が失望したはずだ。

維新の会は、現有議席がゼロに近いため、結果が何議席でも「議席減」にはならない。そして、橋下氏は責任を取らず、いまのまま大阪市長の業務を続けていくことになるだろう。
しかし、はっきり言っておく。
今回の総選挙、50議席も取れないようなら、維新は大惨敗だ。
ついこの前まで、うまくいけば3ケタは確実、と言われていたのだから。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村


posted by 良太郎 at 03:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。