2015年04月30日

大阪市民のみなさん。大阪再生の最初で最後のチャンスである5月17日には、賛成の清き一票を入れましょう。

[維新の党] ブログ村キーワードなぜ二重行政の無駄遣いが起きてきたのか。

法律や行政学以前の問題として、大阪府・大阪市というほぼ対等の力関係の役人が、”メンツ”にこだわって、競い合ってきたから。
大阪市を解体し、広域行政や大きなプロジェクトの権限を府(後に都に移行)に一元化する。
身近な住民サービスが低下すると反対派は嘘ばっかり言っているが、今の24区の行政区の区役所はそのまま残るので、何も変わらない。いや、むしろ、必ず向上する。
例えば図書館では、市立図書館、府立図書館で別々に管理されていた書庫が一元化。検索も一度に両方の書庫からできるようになる。

色々書いたが、東京に次ぐ副首都級の大阪都を誕生させることは、日本の将来によってどれほど重要か。
大阪市民をそのことを心に深く刻んで、5月17日には、賛成票を投じるべきである。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村


posted by 良太郎 at 18:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 橋下改革・大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。