2012年02月03日

大阪府庁本館を近代美術館に転用 松井知事が検討

[大阪市] ブログ村キーワード

大阪府庁本館(大阪市中央区)について、松井一郎知事は15日、大阪市が建設予定の近代美術館に転用する検討を始めたことを明らかにした。ただ、耐震に問題がある咲洲庁舎(同市住之江区、旧WTCビル)への全面移転が前提となるため、松井知事は「庁舎移転が可能かどうか(国の防災指針などを)見極めたうえで、本格的に検討したい」としている。

 府庁本館(地上6階、地下1階)は大正15年に完成し、全国の都道府県庁舎で最古。映画の撮影に使用されるなど「登録文化財級」とされる。一方、咲洲庁舎は、橋下徹大阪市長が知事時代に全面移転を計画したが、専門家から巨大地震に対する安全性に疑問を示され、断念した経緯がある。

 近代美術館建設計画をめぐっては、平松邦夫前市長が市制100周年記念事業として、同市北区中之島に平成29年度のオープンを目指していたが、事業費が122億円かかることなどから、昨年末に就任した橋下市長が計画を白紙にする方針を示している。

 こうした現状を踏まえ、府庁本館の美術館転用は、橋下市長も賛同しているといい、今後「府市統合本部」で具体的に検討する。

 松井知事は「府庁本館は歴史的価値が高い。ただ残すだけでなく、日本中から足を運んでもらえる観光スポットにしたい」と述べた。

ソース → 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120115-00000529-san-soci

建物そのものの素晴らしさもさることながら、ロケーションも良い。転用は、大幅な建設費の節約にもなる。早速府市統合の効果が出てきているといって良い一例でしょう。

それにしても、咲洲庁舎(旧WTC)への移転が条件ということですが、こちらも市民団体から総額96億円の損害賠償を起こされ、話題となっています。しかし、どうせ庁舎を移転OR統合しないといけないのなら、WTCビルに耐震化工事を施して、全機能を集約・移転させればと思うのですが、どうなんでしょうか?

そのほうが、大手前庁舎を使い続けるよりも少し安上がりという結果のようですが。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111122/waf11112207000000-n3.htm


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村

タグ:松井一郎
posted by タカナカ at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントはブログオーナーの承認後に表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 改革者の宿命(下)大阪市特別顧問・中田宏 | TOPへ | 大阪都構想、堺が事実上離脱…市長選に即刺客? >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。