2012年03月10日

橋下氏「外国人への国土売却規制」検討

[維新政治塾] ブログ村キーワード
橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会は10日、事実上の次期衆院選公約「維新八策」の中間案を公表した。2月の骨格段階で示した道州制実現などに加え、新たに「不要な省庁の廃止・統合」や防衛政策の一環として「外国人への国土売却規制」を検討項目に盛り込んだ。ただ橋下氏は、大阪市で開いた全体会議の冒頭で「これは維新政治塾で使うレジュメ。今日ここで(八策)を固めるわけではない」と指摘。24日開講の政治塾で議論を深める意向だ。衆院解散に向けた中央政界の動向を見極め、政策調整のペースを緩めたとみられる。国会論戦で最大の焦点となる消費税については、地方税に位置付けることを打ち出したが、政府の増税方針への賛否などには踏み込まなかった。

 不要な省庁は、国土交通省や経済産業省を想定。関係者によると、維新の会幹部は会議の非公開部分で「道州制になれば(両省の事務は)道州の役割になる」と表明。権限移譲の範囲によって他省庁も検討対象とする考えを示したという。土地売却規制は、沖縄などで外国法人による取得事例が相次いでいることを踏まえ対策強化が必要と判断。竹島や沖ノ鳥島などの領土問題も念頭に置いているもようだ。相続財産の全額徴収まで想定し、資産を残さない「一生涯使い切り人生モデル」への移行は、財産権の侵害に当たるなどと内外から批判を受け「是非を議論する」と軌道修正した。

 目玉の1つである首相公選制に絡み、「天皇制との整合性」を検討課題とした。国家元首は天皇と位置付けるべきだとの意見に配慮している。

ソース → 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20120310-915533.html

3月中旬頃に出すと橋下氏が言っていた維新八策の概要ですが、前回発表の小修正といった感じにとどまっています。

やはり、維新八策のテーマが多岐に渡っており、その実現可能性や優先順位を維新政治塾内で検討したり、あるいは、維新の会内部やこれから連携を深めるだろうみんなの党との政策調整も必要であり、更に、解散総選挙の絡みもある中、世論の注目を浴び続けられるように、小出しにしていくというマスコミ対策というような気もします。

表題の外国人への国土売却規制は、今までそのような法律がないことがおかしいのであり、早急に法律を作るべきでしょう。一方、一等地等において、海外の投資家による売買を促進させることは、キャピタルゲイン課税を強化するのであれば一定の税収と経済効果は期待できるので、そのあたりのバランス感覚に優れている人にきちんとした法律を作ってもらいたいです。


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村

posted by タカナカ at 21:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 橋下改革・大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■ 橋下氏「外国人への国土売却規制」検討(03/10)
表題の外国人への国土売却規制は、今までそのような法律がないことがおかしいのであり、早急に法律を作るべきでしょう。
● 同感
在中国の日本大使館は借地、中国大使館は土地所有、新潟の土地なんて広すぎる。
お金が無いと言って財務省が国有地を売却するからけしからん。増刷すればいいのに。

■ 相続財産の全額徴収まで想定し、資産を残さない「一生涯使い切り人生モデル」への移行は、財産権の侵害に当たるなどと内外から批判を受け「是非を議論する」と軌道修正した。
● 2012.6.18 22:10 維新塾気付 橋下徹 様で提案
遺産相続
新しい世界政府
http://www31.ocn.ne.jp/~e18/newgava1.htm

遺産は国家に帰属する。但し、その残された家族が引き続き安心して住めるよう住居は無償で引き継がれる。固定資産税は払う。贈与税も残す。農地は借地権として引き継がれる。
遅くとも2025年までには
、創造主であるヤーウェ達が地上に降り立ち、政治手法が勧告されるでしょう。資本主義不経済は破綻し貨幣は廃止され配給制度になるでしょう。
その日まで日本が滅びずにいられるでしょうか。彼らの大使館を受入れた国だけは永遠に栄え、そうでなければ周辺国から侵略され滅びてしまうでしょう。それでも政府高官の今の利権の方が大事ですかね。

彼らは、資本主義や共産主義に代り「楽園主義」を唱えております。
労働者階級に代りロボットが仕事をします。空いた時間は自己開花に振り向けます。
政治家は、問題の調整役にあたります。 報酬は貰いません。

彼ら神々の大使館は世界で一箇所のみ、30年前第一候補は、ゆかりの地イスラエル、第二候補は、日本だった。
石頭の日本政府がもたついている間に、中国が第二候補になってしまいました。イスラエルは7回拒否している。8回目に拒否すれば滅ぼされるそうです。そうなれば中国が受け入れ、永遠に栄えるでしょう。日本はそれまでの間に中国やロスケに国土を奪われる。 このままでは日本も幼い民主党も滅びる(日本人は将来難民になる 細木数子氏)
Posted by 伊東裕太郎 at 2012年10月13日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントはブログオーナーの承認後に表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 大阪府市統合本部がスタッフ公募 霞が関若手官僚が合格 | TOPへ | 現状のまま再稼働「民主党政権もたぬ」橋下氏、大飯原発めぐり牽制 >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。