2012年03月21日

大阪の「花博協会」解散要求、農水・国交が難色

[橋下大阪市長] ブログ村キーワード

最近の橋下改革・大阪維新の会関連の報道は、ますます国政進出に関する記事ばかりで、橋下人気が全国的に高まっていると確信できる反面、各報道機関の安易な姿勢(橋下氏関連の報道をすれば視聴率が高まり、新聞が売れる)に疑問を感じています。

(わたしを始め、)特に関西に住む方々には、”維新○○議席”という記事に踊らされず、橋下徹大阪市長や維新の会が大阪でどのような改革の動きを見せているのかを、引き続きじっくり見て、支持・不支持を決めてほしいと思っています。

というわけで、今回のトピックは、これまた大阪に住んでいる人以外には馴染みのなさそうな地味な記事だと思われるでしょうが、このような改革の動きの積み重ねが、一時の人気で終わるのではない、強固な支持基盤を持つ地域政党を誕生させる、と私は信じています。

ちなみに、解散・総選挙が気になる方は、私の拙稿”今年上半期の解散はないと予想。維新版「船中八策」を今発表した意味は?”をお読みいただければ幸いです。

以下、記事の抜粋。

大阪府や大阪市が出資する財団法人「国際花と緑の博覧会記念協会」(大阪市鶴見区)が、資産運用に失敗して14億円(2010年度末)の含み損を抱え、松井一郎知事と橋下徹市長が協会解散と出資金計34億円の即時返還を求めていた問題で、協会を所管する農林水産省と国土交通省が難色を示していることが19日、わかった。

府は、協会の理事会で解散と返還を正式に提案する方針を決めた。

この日の府議会都市住宅委員会で、杉江友介議員(維新)らの質問に松井知事が答えた。理事会で提案が否決された場合には、協会に対し、両省からの天下り職員の受け入れ中止と民間からの人材公募、解散時に府市の出資金を全額返還する協定書の締結などを申し入れるとした。

解散には理事会の4分の3以上の賛成と両省の認可、出資金返還には3分の2以上の賛成と承認が必要。協会は10年度末、約91億円の資産を保有している。

ソース → 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120320-OYT1T00275.htm

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村

posted by 良太郎 at 05:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 橋下改革・大阪維新の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントはブログオーナーの承認後に表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/259046411
※トラックバックはブログオーナーの承認後に表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 現状のまま再稼働「民主党政権もたぬ」橋下氏、大飯原発めぐり牽制 | TOPへ | 「パチンコもルール化しないといけない」 橋下発言は「全廃」なのか「合法化」なのか >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。