2012年04月10日

水道統合反対でも「刺客」 茨木市長選受け松井知事 府内首長選への介入も示唆

[大阪維新の会] ブログ村キーワード
大阪維新の会支部の推薦候補が当選した大阪府茨木市長選について、維新幹事長の松井一郎知事は9日、記者団に対し、「私たちが府民と約束したことを、スピード感をもって実現してきたことが評価されたのだと思う」と話した。
 また今後の府内市町村の首長選について、維新と政策が「全く異なる人」が立候補した場合は、維新本部として候補者を擁立することも示唆。府内の水道事業統合をめぐり、大阪市の「大阪広域水道企業団」への加入に反発している首長の例を挙げ、「統合にはデメリットがない。反対する首長に対して候補者を擁立するのは、府民全体の利益に資する」と語った。
 一方、関西電力の八木誠社長が大飯原発3、4号機の再稼働させるための安全対策をまとめた工程表を枝野幸男経済産業相に退出したことについては、「工程表というペーパーだけで再稼働を承認することは、国民の理解を得られるのか」と述べ、工程表のみで再稼働を認めることには批判的な見方を示した。

ソース → 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120409/waf12040911560003-n1.htm

吹田、守口に続き、茨木市も維新の市長が誕生しました。東大阪市長は元々都構想に賛成の市長ですし、大阪市周辺で都構想推進のガンになっている主な市は、豊中と堺ですね。

松井知事は、橋下徹大阪市長のように、いわゆる弁が立つタイプではないのでどうしてもマスコミに取り上げられる回数も少ないですが、彼や浅田一郎・大阪維新の会政調会長のように実務をキチンとこなすタイプがいることで、集団としての機能を上げていっていると思います。それに、口数は少ないものの発言内容を見るとブレが無く正しい方向性を向いているなと安心させられるものが多く、知事として問題ないと私は思っています。

府市統合の象徴として、水道事業の統合は真っ先に進めていってもらいたいですね。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村

タグ:選挙
posted by 良太郎 at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪都構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントはブログオーナーの承認後に表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263526903
※トラックバックはブログオーナーの承認後に表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 大阪市改革プロジェクトチーム(PT)住民施策548億円削減の試案発表 | TOPへ | 橋下市長「1票の格差是正案あみだか抽選で」 >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。