2012年05月23日

「伊丹廃港」削除要望を国に提出…11市協

[伊丹空港] ブログ村キーワード
関西空港と大阪(伊丹)空港の経営統合後の「基本方針」素案に、国が将来的な伊丹廃港の検討を盛り込んだことに対し、伊丹周辺11市でつくる大阪国際空港周辺都市対策協議会(11市協)会長の藤原保幸兵庫県伊丹市長は23日、「廃港検討の削除」を求める要望書を前田国土交通相に提出した。しかし、11市協メンバーで、伊丹廃港を主張する大阪市の橋下徹市長は同日、「僕は承認しません。11市協の意思決定ではない。無効だ」と反発した。

 11市協事務局の伊丹市は事前に、要望書の文案を加盟各市に示して賛同を求めた。大阪市の担当者は22日夜に伊丹市に対して要望内容に反対する意思をメールで伝えたが、11市協は23日午前、伊丹市のほか、同県川西、宝塚、大阪府豊中、池田各市の11市協役員会を開き、11市協として要望書を提出することを決めた。
 役員会終了後、藤原市長は「(伊丹空港を存続すると明記した)国との協定があり、廃港の文言は認めるわけにはいかない」と話した。
 こうした11市協の組織決定について、橋下市長は23日朝、市役所で報道陣に、「役員市だけで決めてしまうのはずるいやり方だ。完全に違法な手続きだ。11市協は違法だ」と批判した。
 藤原市長は、昨年の11市協総会で存続を前提に伊丹活性化を求める運動方針を決定したことに言及し、「今回の要望書は運動方針に従って行っており、問題はない」と話した。
ソース → 読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120523-OYO1T00639.htm?from=main1

この中で、橋下大阪市長は、11市協のやり方を「違法だ」と強く批判しているが、それもそのはず。

なぜ、11市協といいながら、伊丹・川西・宝塚・豊中・池田の5市の役員市のみで決めるのか。

そもそも、伊丹廃港という大きな問題は、こんな5市だけで議論してはいけない!

こういった大きな問題は、関西広域連合の権限を強化させた上で、関西の大きなインフラに関する意思決定をそこに一元化させるというのが一番良いと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村
posted by タカナカ at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 橋下発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントはブログオーナーの承認後に表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 大阪市職員の入れ墨問題に関して | TOPへ | 入れ墨、回答拒否は16人 大阪市「職務命令違反にあたる」 >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。