2012年12月07日

緊急提言! 橋下市長は今すぐ石原慎太郎と決別せよ!!!

[日本維新の会] ブログ村キーワード12月4日の公示日を過ぎ、各党の名簿も出揃った。まもなく総選挙が行われる。

私が以前から提言していた維新の会とみんなの党との合併は、結局実現しなかった。代わりに、最凶老害石原と手を組むという暴挙に出てしまった。
維新の会は、関東以北、特に東京で人気がなかった。そこで、石原人気の高い東京での集票が期待できる、という読みもあっただろうし、みんなの党と組んでも、小選挙区制度の現行制度下では大した議席数UPにならない、と考えたのだろう。

しかし橋下さん。石原なんかとは絶対に組んでほしくなかったという人がどれほど多いか、ということに気づいていましたか?

関西人は元々反東京(反関東ではない)である。石原と組むことのマイナスは、明らかにプラスより大きい。まして、旧立ち上がれ日本(立ち枯れ日本と揶揄されている)のメンバーが糞みたいについてきたから、政策理念の売りがなくなり、もう最悪だ。

維新の会は、今まで現役世代重視・官僚制度打破・公務員改革、こういったところが最大の魅力だったのに、劣化自民党みたいな何の魅力もない政党になってしまった。

やはり、組むならみんなの党とであった。合併しなくても、西日本=維新、東日本=みんな、で選挙協力する形が、どう考えてもベストだった。石原と渡辺。この二人を比較すると、確かに政治家としての器は石原の方が上だろう。渡辺よしみは、はっきり言って総理の器ではない。しかし、だからといって、どうして石原となんか組んでしまったのか。ほとんどの維新支持者が失望したはずだ。

維新の会は、現有議席がゼロに近いため、結果が何議席でも「議席減」にはならない。そして、橋下氏は責任を取らず、いまのまま大阪市長の業務を続けていくことになるだろう。
しかし、はっきり言っておく。
今回の総選挙、50議席も取れないようなら、維新は大惨敗だ。
ついこの前まで、うまくいけば3ケタは確実、と言われていたのだから。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村
posted by タカナカ at 03:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
橋下市長は保守色を出す為に石原氏を利用している反日サヨク朝鮮派。石原氏が純粋な為にそれに気づかなかった。だが、今日いよいよ気づいたようだ。慰安婦問題、言ってはならないタブーに触ってしまったのだから、今更強弁してもしょうがない。その通りです。まして日本の貴重な戦史を政治利用して捻じ曲げる輩を支持する古賀なる脱落者、小銭が欲しいがために政治ジャーナリストに居座り売国発言を繰り返している古賀茂明。こいつこそ害虫だ。
Posted by at 2013年06月19日 14:31
住民投票が近づきました。
思ったほど優勢でないのが聞きなりますが
市長の志を政治家としての基本と思う私にとっては
細かい部分は後のことという前提でとても応援したい気持ちです。
住民でない私には発言の機会もないですが、この国の大きな
方向性としての重要な結論の出る日になると思っています。
基本的な考え方がずれてしまっている政治家の皆様が
このまま自分勝手をしていけるのか、真に後世を心配しだした
民意が動きだせるのかに大きな結論がでるのだと思います。
市長の物の言い方に癖を感じて損をする部分もあるのだろうと心配もしますが、今のところ自己のためというよりは政治を本当に考えている貴重な政治家の一人だと思います。
個人欲・金欲はどなたもあるでしょうが、政治家として自制できていると見えますし、悪政を進める者に対しては怖いものなしという力強いところを感じます。
ただ、適当に政治家を評価する民意がまだまだ多い中、
そんな力強さも時として安易な評価で「態度がでかい」風に
言われてしまうにはもったいない気がします。
民意の方もそろそろ本気で政治家を判断していかないと
任せきりにして後で文句を言っても間に合わないときが
来るのではないかと心配しています。
いつまでも腰が低いとか笑ってるなどの友達を選ぶような
方法で政治家の評価をするわけには行きませんね。
大きな力で勝手に国を自分勝手に誘導している方々がいそうな今の政治、とても大きな力だと思うので将来文句をいってもどうにもならないかもしれませんね。
昨今では普通なら政治家を続けることが難しい・怪しげな事象が起きても黙りこくって立場の維持をしようとする政治家、またそれを応援する団体・・とても民意を威張れるような土台もない。
せめて自分勝手ではなく政治(国民の幸せ)を考える基礎を
備えている政治家同士ならば、全く反対の意見であっても
議論の意味がありそうですが・・・
そういう政治になるためにも、この都構想みたいなもに全力投球している政治家を応戦するかしないか、はっきり投票する皆様が多くいらっしゃったらと思います。
私は、この内容の都構想であれば、現状をよくする方向としてほとんど心配がないと思うので賛成です。
逆に反対の方々は何が反対なのかすごくわかりません。

もちろん、今後の詳細を決める過程の市民の監視は必要ですしょうが・・・
Posted by ロイ吉 at 2015年05月14日 02:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントはブログオーナーの承認後に表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 橋下市長初の本格予算 大阪市、歳出4年ぶり減 | TOPへ | 大阪市民のみなさん。大阪再生の最初で最後のチャンスである5月17日には、賛成の清き一票を入れましょう。 >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。