2015年05月27日

年代別人口・年代別投票率・年代別賛否が一目で分かるグラフ!これではっきりわかる都構想住民投票分析

[橋下徹市長] ブログ村キーワード
決戦は終った。
しかし、正確な数字で持ってきちんと都構想の住民投票の結果を分析しているマスコミが殆どないことに失望している。辛坊治郎氏が日本で一番都構想関連に詳しいので、彼のニュースをよく見ていたが、いかんせん、読売テレビの出口調査の結果だけで分析しようとしているので、無理がある。

ネットを這いずり回って、やっと見つけた。これが、一番わかりやすい。(推計とあるが極めて正確な数字。)

result-0517.png

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村


posted by 良太郎 at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪都構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

水道統合反対でも「刺客」 茨木市長選受け松井知事 府内首長選への介入も示唆

[大阪維新の会] ブログ村キーワード
大阪維新の会支部の推薦候補が当選した大阪府茨木市長選について、維新幹事長の松井一郎知事は9日、記者団に対し、「私たちが府民と約束したことを、スピード感をもって実現してきたことが評価されたのだと思う」と話した。
 また今後の府内市町村の首長選について、維新と政策が「全く異なる人」が立候補した場合は、維新本部として候補者を擁立することも示唆。府内の水道事業統合をめぐり、大阪市の「大阪広域水道企業団」への加入に反発している首長の例を挙げ、「統合にはデメリットがない。反対する首長に対して候補者を擁立するのは、府民全体の利益に資する」と語った。
 一方、関西電力の八木誠社長が大飯原発3、4号機の再稼働させるための安全対策をまとめた工程表を枝野幸男経済産業相に退出したことについては、「工程表というペーパーだけで再稼働を承認することは、国民の理解を得られるのか」と述べ、工程表のみで再稼働を認めることには批判的な見方を示した。

ソース → 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120409/waf12040911560003-n1.htm

吹田、守口に続き、茨木市も維新の市長が誕生しました。東大阪市長は元々都構想に賛成の市長ですし、大阪市周辺で都構想推進のガンになっている主な市は、豊中と堺ですね。

松井知事は、橋下徹大阪市長のように、いわゆる弁が立つタイプではないのでどうしてもマスコミに取り上げられる回数も少ないですが、彼や浅田一郎・大阪維新の会政調会長のように実務をキチンとこなすタイプがいることで、集団としての機能を上げていっていると思います。それに、口数は少ないものの発言内容を見るとブレが無く正しい方向性を向いているなと安心させられるものが多く、知事として問題ないと私は思っています。

府市統合の象徴として、水道事業の統合は真っ先に進めていってもらいたいですね。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村

タグ:選挙
posted by 良太郎 at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪都構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

大阪府市統合本部がスタッフ公募 霞が関若手官僚が合格

[大阪都] ブログ村キーワード

大阪府と大阪市の共通の政策課題や改革の意思決定機関となる「府市統合本部」が民間ブレーンの特別顧問を支えるスタッフを公募したところ、75人の応募があり、選考の結果、現役の若手官僚ら数人が合格していたことが2日、分かった。特別顧問の元経済産業省官僚、古賀茂明氏が、同日付の自身のメールマガジンで明らかにした。

 統合本部は合格者の出向を求め、副本部長の橋下徹大阪市長が大臣あての親書を国土交通省や経済産業省などに提出。橋下氏は2日、「エリートが集まる霞が関のメンバーが『大阪でやってやるか』と思ってくれたのはありがたい」と話した。古賀氏はメルマガで「失敗すれば、その後の昇進で差別される可能性が高い。リスクを冒してでも挑戦しようとする勇気に心から敬意を表したい」と絶賛。一方、橋下氏は、省庁側は「優秀な職員を出すのは痛いだろう」と話し、実現困難との考えを示した。

ソース → 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120303/lcl12030300230000-n1.htm


記事の最後の部分の、(橋下氏が)”実現困難との考えを示した”というのは、あくまで産経新聞の見立てであるのだが、ここは、既成概念を打ち払って飛び出してくる勇気ある若手官僚の登場に期待したいところです。

橋下氏は、各省庁に、職員の府市への出向を認めるよう求める「親書」を提出した、というのがポイントであり、省庁がこれを拒否したり、出向職員を差別したりすることのないよう牽制している、とも解釈できます。

ともかく、橋下市長は、就任直後から今まで、周りに優秀なブレーンをどんどん集めていっている印象が強いですね。一部では、特別顧問などの待遇が高すぎる=税金の無駄遣い、という批判もあるようですが、霞ヶ関という諸悪の根源を破壊するためには、橋下氏ひとりの力では無理であり、ある程度まとまった人数を集め同じ方向に向けて動いていく必要はあるでしょう。

にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村

タグ:府市統合
posted by 良太郎 at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪都構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。