2012年02月03日

大阪府庁本館を近代美術館に転用 松井知事が検討

[大阪市] ブログ村キーワード

大阪府庁本館(大阪市中央区)について、松井一郎知事は15日、大阪市が建設予定の近代美術館に転用する検討を始めたことを明らかにした。ただ、耐震に問題がある咲洲庁舎(同市住之江区、旧WTCビル)への全面移転が前提となるため、松井知事は「庁舎移転が可能かどうか(国の防災指針などを)見極めたうえで、本格的に検討したい」としている。

 府庁本館(地上6階、地下1階)は大正15年に完成し、全国の都道府県庁舎で最古。映画の撮影に使用されるなど「登録文化財級」とされる。一方、咲洲庁舎は、橋下徹大阪市長が知事時代に全面移転を計画したが、専門家から巨大地震に対する安全性に疑問を示され、断念した経緯がある。

 近代美術館建設計画をめぐっては、平松邦夫前市長が市制100周年記念事業として、同市北区中之島に平成29年度のオープンを目指していたが、事業費が122億円かかることなどから、昨年末に就任した橋下市長が計画を白紙にする方針を示している。

 こうした現状を踏まえ、府庁本館の美術館転用は、橋下市長も賛同しているといい、今後「府市統合本部」で具体的に検討する。

 松井知事は「府庁本館は歴史的価値が高い。ただ残すだけでなく、日本中から足を運んでもらえる観光スポットにしたい」と述べた。

ソース → 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120115-00000529-san-soci

建物そのものの素晴らしさもさることながら、ロケーションも良い。転用は、大幅な建設費の節約にもなる。早速府市統合の効果が出てきているといって良い一例でしょう。

それにしても、咲洲庁舎(旧WTC)への移転が条件ということですが、こちらも市民団体から総額96億円の損害賠償を起こされ、話題となっています。しかし、どうせ庁舎を移転OR統合しないといけないのなら、WTCビルに耐震化工事を施して、全機能を集約・移転させればと思うのですが、どうなんでしょうか?

そのほうが、大手前庁舎を使い続けるよりも少し安上がりという結果のようですが。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111122/waf11112207000000-n3.htm


にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村

タグ:松井一郎
posted by 良太郎 at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

早期実現を!「大阪府子どもを性犯罪から守る条例案」

昨日、久しぶりに吐き気がするような凶悪な事件が起こった。

塗装工を再逮捕 6歳女児に強姦 様子を撮影 

兵庫県警垂水署は5日、6歳の女児に乱暴し、その様子を撮影したとして、強姦と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、神戸市垂水区の塗装工大原高光容疑者(24)=別の強姦未遂罪などで起訴=を再逮捕した。

大原容疑者は別の女児2人へのわいせつ事件で逮捕、起訴されている。垂水署によると「ほかにも3、4件やった」と供述しており、同署は裏付けを進めている。

再逮捕容疑は2010年6月17日夕、神戸市内の路上で女児に声を掛け、高校の敷地に連れ込んで乱暴し、デジタルカメラなどで写真や動画を撮影した疑い。自宅から押収したSDカードの記録などから発覚した。

垂水署は昨年9月、コンビニで万引したとして窃盗容疑で大原容疑者を逮捕。その後の調べで、わいせつ事件への関与を認めた。

ソース → スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/01/05/kiji/K20120105002372060.html


この事件は大阪の隣の兵庫県内の事件であるが、実は大阪は性犯罪が多い地域。

大阪府の2010年の性犯罪認知件数は、強制わいせつ→全国ワースト、強姦→東京に次ぐワースト2位。特に被害者が18歳未満の強制わいせつに限ると、18歳未満人口100万人あたりの件数は312件で、2位の福岡県(235件)の1・3倍に達しており、ぶっちぎりで全国ワースト

橋下市長も知事時代に、「性犯罪は再犯率が高い」と発言、大阪府が全国に先駆けて”子どもを性犯罪から守る条例案”の設置に動いています。
参考 → http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/120105/20120105018.html

海外では、1994年に、アメリカ・ニュージャージー州で、性犯罪者の氏名や居所を公開する法律(ミーガン法)が制定されるなど、再犯率が高い性犯罪者には厳しい監視体制が作られていますが、日本は加害者の人権に過度に配慮するいわゆる人権派弁護士集団や学者等がこういった動きに慎重な姿勢を見せており、なかなか前に進みません。

しかし橋下徹氏は、

治安とは何か。
国民の安全とは何か。
世の中に何が必要か。

こういった優先順位がきちんとつけられている人ですね

このような条例案設置の動きが大阪から全国に広がることを期待します。
にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村

タグ:松井一郎
posted by 良太郎 at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。